温泉卵を簡単に 温泉卵の作り方は簡単

スポンサードリンク

温泉卵を簡単に

温泉卵の作り方は簡単なんですよ、意外に簡単に作れます。温泉卵って不思議な食べ物ですよね。何かホッと幸せな気分になりませんか?                             

温泉卵を割ると、黄身は柔らかに固まりかけ、白身はまだ半熟、なぜか朝食に出したい食べ物ですね。

生だと少し抵抗がある卵も、温泉卵ですと華麗に変身です。
この温泉たまごの作り方ですが、家庭で作るとなると実はかなり大変です。
 
温泉卵の作り方を簡単に言いますと、
・卵黄と卵白の凝固する温度差を利用して調理される。
・卵白身は70度くらいで固まり始めて、80度で完全に凝固。
・卵黄身は、70度までには完全に凝固。
・家庭で温泉卵を作る場合は温度管理が大切なポイントになる。

温泉卵の作り方を簡単に料理の本で調べて見ますと、70〜75度の湯に殻ごと卵をつけ、20〜25分そのままで温泉卵が出来上がると書いてありますが、放置しておくと温度は下がってきますから、こまめな温度管理をしないと、良く仕上がりません。しかし、20分間もつきっきりというのも大変ですよね。。
 
最近では、便利な温泉卵調理器が市販されていて、結構、美味しい温泉卵が出来上がりますから、こちらもオススメですよ。

しかし、そんな中で「伊東家の食卓」で紹介の裏技は見事でした。
さっそく試して見たら、おいしい温泉卵が簡単に出来ました。

《温泉卵の作り方・伊東家の食卓》
・卵を冷凍庫に入れ、凍らせておく。
・鍋に、次の分量で湯(100度)を沸かす。
       卵 1個 ⇒1 リットル
       卵 2個 ⇒1.2 リットル
       卵 3個 ⇒1.8 リットル
       卵 4個 ⇒2 リットル
・火を止め、湯に卵を入れ、ふたをする。
・ピッタリ20分間放置後、
・すぐ冷水に取り、十分に冷やす。
・温泉卵の出来上がり。

この温泉卵の作り方は簡単で、片手間に温泉卵が作れるところですね。


温泉卵のファンって多いんですよね。裏技さんも、大の温泉卵好きなんでしょうね!
温泉卵の作り方は簡単だって判って良かったです。感謝^^
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。