半熟ゆで卵を簡単に作るコツ 温泉卵の作り方は簡単

スポンサードリンク

半熟ゆで卵を簡単に作るコツ

半熟ゆで卵を作るコツを、おもいっきりイイテレビで放映してましたね「トロ〜リゆで卵を簡単に作るコツ」講師はお馴染みの料理研究家脇雅世先生です。温泉卵の作り方は簡単ですが、こちらも超カンタンでしたね。

温泉卵も美味しいですが、トロ〜リとした、半熟ゆで卵も美味しいですよ。

半熟ゆで卵を作るコツ

冷蔵庫で冷えた卵をすぐ熱湯に入れるのがコツなんです!
温泉卵の作り方は簡単でも、そうでしたが、卵が凝固する温度差を上手に利用しているのです。

同じ卵でも、白身は約75度前後で凝固しますが、黄身は約65度前後で凝固してしまいますから、この温度差を利用するのです。

つまり、卵は外側にある白身よりも、中側にある黄身は低い温度で固まり始めてしまうのです。ですから、冷蔵庫から取り出した卵が冷たいうちに直ぐ、白身を一気に加熱してしまうのです。

凝固温度の低い黄身に熱が伝わってしまうギリギリの状態のところで止めれば、黄身をトロトロ半熟状態のまま維持出来る訳です。それに丁度な時間は「7分」なのです。

■半熟卵の作り方
・お玉に冷たい卵をのせ3回ほど湯にくぐらせて鍋に入れる。
・鍋にフタをしてから、きっかりと7分間ゆでる。
・茹であがった卵は直ぐに冷水につけて荒熱を取る。
・糸を使って卵を半分に切る。
・お好みで、黄身に醤油1滴しか、塩を振る。
※冷たい卵を直ぐに熱湯に入れますと割れてしまいますから、3度ほど湯にくぐらしてなじませます。
※トロトロの半熟卵ですから、包丁では切り辛いですし、美味しい黄身が逃げ出してしまいますから糸を利用してきります。

温泉卵の作り方も簡単ですが、こちらの半熟卵の作り方も簡単でしょう?こちらは白身はしっかり凝固していますから温泉卵とは、また違った味わいです^^
【おもいッきりイイテレビ 卵料理の最新記事】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。