温泉卵 醤油漬けの作り方 温泉卵の作り方は簡単

スポンサードリンク

温泉卵 醤油漬けの作り方

温泉卵 醤油漬けの作り方。美味しさをご存知ですか?
温泉卵の作り方は簡単ですが、温泉たまごを使ったレシピとなると朝のお粥に添えて、サラダに落として、カレーに乗せてと、などなかなか主役には成りきれませんね。

完全に主役クラスの温泉タマゴのレシピです。
ねっとりした黄身の食感と美味しさは病み付きになる味覚です。
晩酌の肴にぴったりの味ですし、白いご飯のオカズにも最高ですよ!
もちろん麺の上に乗せて、煮たまごの代わりにしても合います。

◆温泉卵 醤油漬けの作り方(材料:5人分)
(温泉卵の材料)
・卵    ⇒5個
・水    ⇒1ℓ程度
・酢    ⇒60t
・差し水  ⇒1カップ

(調味液の材料)
・日本酒  ⇒100cc
・醤油   ⇒60cc
・酢    ⇒大さじ1杯
・みりん  ⇒大さじ2杯

■温泉卵を作りかた
温泉卵の作り方は、今までに色々な簡単な方法を紹介して来ましたので、そちらを参照して、お好きな作り方でどうぞ^^

市販のものを使ってもOKですよ

自分で作る場合、今回は、お鍋を使った簡単な温泉卵を作り方で作って見ました。

温泉たまごは、生卵を60℃〜70℃ぐらいで保温し続けることで出来上がります。

簡単な作り方)
・厚手の鍋に、所要量の水と酢を入れて火にかけます
・グラグラと沸騰してきたら、差し水を1カップを入れます
・厚手の鍋だと75℃ぐらいになっています
・卵を入れます。
鍋にふたをして20分間ほど置けば完成です。

※1ℓ程度の75℃のお湯ですと、冷蔵庫から出してすぐの卵5個(冷たい)を入れると程好く出来ます。卵が少ない場合ですとか、卵が常温の場合にはお湯の温度を少し下げます。

※慣れないうちは、温度計で計り75℃前後になるように調節しましょう。

※お湯の温度だけでなく、出来上がり具合は外気の気温にも左右されます。

(調味液の作り方)
温泉卵はお鍋に任せて、その間に調味液を作って置きましょう。
酒、酢、みりんを全て鍋に入れ、沸騰させてアルコール分などを飛ばします。

さらに醤油を加えてから、室温に冷まします。室温になっあ調味液の中に温泉卵を割り入れていきます。

半日ほど漬け込めば、美味しい温泉卵の醤油漬けの完成ですよ^^

調味液に八角などを入れると、これがまた高級中華料理の味に変身しますよ!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。