温泉卵 酢卵の作り方 温泉卵の作り方は簡単

スポンサードリンク

温泉卵 酢卵の作り方

温泉卵 酢卵の作り方です。卵酢は血液浄化の効果がありますが、これは健康の基本となることで美容効果にもつながることです。

「温泉卵の作り方は簡単」の今回は酢卵の作りの後ご紹介です。温泉卵の作り方共々に挑戦されてください^^

◆酢卵 効能・効果
温泉卵は消化吸収が良く、卵の栄養素を丸々摂ることが出来ますが、酢卵の効能と効果もすぐれものです。
・高血圧
・肝臓病
・糖尿病
・リューマチ
・胃弱症
・成人病

烏骨鶏(ウコッケイ)の酢卵は、ウコッケイのパワーと体に良い酢が相乗効果で、美容と健康に作用します(普通の卵でも可)


◆酢卵 烏骨鶏の酢卵の作り方(普通の卵でも可
酢に卵を漬けると気泡が卵の周りにいっぱい出て来て驚きますが心配ないですよ。^^

【烏骨鶏の酢卵:材料】
・酢      ⇒180ml りんご酢か、または米酢
・烏骨鶏の卵  ⇒1個 

【酢卵作り方】
・食用酢を密閉容器(広口瓶)に注ぎます
・たまご1個を殻のまま酢を入れた容器に浸します
・冷蔵庫に収納して、7〜10日間置きます
・卵の殻が溶けてしまい、卵黄と卵白が薄皮に包まれアクが出ます。

※箸で薄皮を破って、卵黄と卵白を良く混ぜ合わせます。
浮いている「アク」はガーゼや茶こしで漉し取り出します。

卵黄と卵白をよく混ぜて酢卵の完成です(冷蔵庫で保存)


◆酢卵の飲み方

酢1合、卵1個で作った酢卵を、5〜7日間で飲み切るのが目安です。
空腹時に、盃1杯程度を水又はお湯で2〜3倍に割って飲みます。
酢嫌いで、飲みやすくしたい方は、蜂蜜を少量入れても良いでしょう。

酢卵の疲労回復効果には驚くべきものがあります!
疲労時に飲めば回復も早く、肉体的な疲労感を忘れることができます。
卵酢は、酸性ですが体内に吸収されるとアルカリ性に変わります

※酢卵飲み方(空腹時)
ジュース・コーヒー・蜂蜜・水などで割って。
子供は大人の半分くらいの摂取量を目安にしてください。


関連カテゴリ⇒温泉卵の作り方

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。