温泉卵の作り方 温泉卵の作り方は簡単

スポンサードリンク

温泉卵を炊飯器で(簡単な作り方)

温泉卵を炊飯器で簡単に作れちゃう作り方の方法です。節約も出来ますよ^^

簡単な温泉卵の作り方として炊飯器以外にも、
今まで、色々な方法をご紹介して来ましたが、
振り返ってみましょう♪




   【温泉たまごの作り方(簡単)集】

温泉卵の電子レンジでの作り方

■コーヒーメーカーでの作り方

■はなまるマーケット温泉卵

■カップ麺の容器での温泉卵の作り方

温泉卵を簡単に

以上でしたね♪
炊飯器での作り方も、負けずに簡単で、しかも大量に作れますよ^^


◆温泉卵の炊飯器での作り方(簡単)◆

どこの、ご家庭にもある炊飯器で手軽に温泉卵が出来ちゃう簡単な作り方がいいですね^^

温泉卵の炊飯器での作り方なんて言うと以外な感じがしませんか?


■温泉たまごを炊飯器で簡単!
炊き上がったご飯を、炊飯器で保温している温度は約60℃強だと言われています。

[作り方T]
・卵を洗って、1個ずつラップをする
・炊き上がったご飯の上に、たまごを置き蓋をする
※卵は放して並べます。

・40〜60分後に取り出す
・流水で冷やす

※炊飯器のメーカーによって温度が異なります
微調整がし難い作り方ですから、ご家庭の釜で一度試されて、
保温時間を決められるとよろしいでしょう。

[作り方U]
メーカーにより保温温度には差がありますので、
ご飯の炊き立て時に、卵をアルミホイルで巻いて入れ、
約40分後に取り出すというやり方もあるようです。



[作り方V]
炊飯はせずに、炊飯器に常温の卵を入れて、
70℃ほどのお湯を釜に注ぎ入れ、保温状態にして30分おくという方法もあります。

[作り方V]
・温泉卵を作りたいだけの卵(常温)を空の炊飯器に並べる
・卵にかぶる程度の熱湯を注ぎいれる
・保温状態にして約7〜8分で完成


※時間の調整を間違えると「ゆで卵」になってしまいますよ!
自分の家の炊飯器で試してちょうど良い温度を把握してください^^

「温泉卵の作り方は簡単」の今回は、ご家庭にある炊飯器での作り方でした♪

画像は楽天リンクです。

コーヒーメーカーで温泉卵

コーヒーメーカーの温泉卵の作り方は簡単です。
他にも、炊飯器や電子レンジ、カップ麺の容器を使用した作り方など皆さん工夫されていますよね!

しかし、簡単ではありますが温泉卵かといいますと??と云うものもありますよね、単なる半熟卵じゃない!?

まあ、簡単な温泉卵の作り方だからいいか!と思いますが結構面倒くさかったり、時間がかかったりもします。

温泉卵とは、卵黄の凝固温度である65℃と、卵白の凝固温度でる68℃の温度差を利用した調理ですから、しっかりとした温度管理が必要になります。

◆レンジで温泉卵の作り方
・レンジ使用可能な容器に水を100cc入れて、その中に卵を割り入れます。
・1000wのレンジなら、1分くらいで完成。


コーヒーメーカーで温泉卵
・コーヒーメーカーでお湯だけを沸かします。
・保温状態になったら卵をいれます。
・13分から15分くらいえ卵を取り出して、冷水で冷やします。
・お好みで、だし醤油や刻みねぎなど。

◆カップ麺の器で作る
カップ麺のカップに熱湯を入れて、その中に卵を静かに割り入れて15分くらい待てば完成です。
電気ポットでもできますが、簡単に云えば60〜70度に一定温度を保って15分から20分くらい置けば出来ちゃいますよ^^

※時間はお試し下さい。

関連リンク:温泉卵のどんぶりの作り方
詳細はこちらから⇒はなまるマーケット温泉卵

電子レンジの温泉卵

温泉卵の作り方で簡単なのは、電子レンジで温泉卵でしょうか、ただし、卵は注意しないとレンジ内で爆発して飛び散り悲惨なことになりかねませんよ!

電子レンジ 温泉卵の簡単な作り方とレシピを2つご紹介しますね^^

◆1例
まず、レンジ使用できる器に水を100ccほどいれ、カツオだし、醤油、塩、旨味調味料などをお好みで溶かしてだし汁を作ります。

○容器に卵を割り入れます。
○電子レンジにいれ、約2分。
○刻みネギ、刻みミツバなどをのせる。
○完成!冷やすとさらに美味ですよ^^


2例   
○卵を容器に静かに割入れます、その際に、竹串などで黄身の表面に数ヶ所の穴をあけて置きます(万一の爆発防止)。
○ゆるくラップをして(完全にしない)電子レンジで約30秒ほど加熱しますと温泉卵風の完成です。
     

◆簡単温泉卵のぶっかけうどん
○冷凍うどんをメーカーの指示どうりに茹でる。
○うどんを茹でたら、冷水でよく揉み洗いしてヌメリを流し落とす。
(温かくいただく時は湯洗いで)
○器に盛ったうどんの上に温泉卵をのせ、好みの量だけ、たまり醤油か、市販のぶっかけだしをかけます。
○もみ海苔・あさつきなどを散らす。
※お好みで、大根おろし・刻み蒲鉾・鰹節を乗せて、ワサビ・ゆず胡椒などで召し上がるとさらに美味しいです♪

はなまるマーケット温泉卵

温泉卵の作り方は簡単です。はなまるマーケットでも紹介されていましたが、他にも色々な方法が紹介されています。しかし、本当の温泉地で作った温泉たまごのような味に美味しく仕上がるのかとなると残念ながら別の話しですね。

はなまるマーケットで紹介されていた温泉玉子の作り方も簡単ですね。
1お湯を沸騰させたら火を止める
2鍋に常温の卵を入れて8分ほど浸す
3卵をとりだし、氷水(冷水)で冷やす
という方法です。


これだけの簡単な温泉卵の作り方です。
温泉卵はサラダにのせたり、インスタントラーメンに入れたり、レトルトカレーにもいいですよ!
個人的に良くやるのが牛丼へのせるやりかたですね^^

温泉卵の作り方が簡単ですから、牛丼も簡単な作り方をご紹介します。
決して本格的ではありません、独身男性でも簡単に作れることが目的のレシピですから、でも充分に美味い牛丼が完成しますよ♪

まず、2人前の材料ですが、ない材料は気にしないで省いちゃってOKですよ!ただし、牛肉とタマネギは省かないでくださいよ^^

◆温泉卵入り 簡単な牛丼の作り方と材料
牛肉 220〜250g   →安い牛こま肉で充分
タマネギ 1個    →金欠の際は多めにして増量!
白ワイン 1/2カップ ⇒日本酒でも、なければ省き水を同量増やす
砂糖 大さじ2杯と2/3
醤油 大さじ3
うすくち醤油 大さじ1/2→なければ醤油を多めに
ショウガ 1片    →なければ省きます
ニンニク 1片    →なければ省きます
牛脂(大手スーパーなら牛肉を買えば付いてきますよ^^)またはサラダ油を適量
ご飯 適量
紅ショウガ 適量   →なければ省きます

■温泉卵入り牛丼の簡単な作り方
玉ねぎ →薄くスライス
生姜  →厚めにスライス
にんにく→2つにつぶし芯を抜く。
 
・熱した鍋に牛脂か、サラダ油をしき、スライス玉ねぎを入れる、砂糖大さじ1/3と塩少々振って炒める(硬さはお好みで)
・白ワインと水1カップ、にんにくと生姜を入れて、一度煮たたせます。そこへ、残りの砂糖大さじ2と1/3と醤油を加え、さらに10分ほど煮詰めます。
・生姜とにんにくを取り出し、鍋に肉を入れます。
・ご飯を丼によそって置きます。
・肉の色が変わってきたら火を止めて、フタをして数分蒸らします。
・丼ぶりにかけ、
・はなまるマーケットの温泉卵を真ん中に落とし紅しょうがを添えます。

カップ麺の容器で

温泉卵の作り方で、簡単な作り方といえばカップ麺の容器で温泉卵を作る方法でしょうか!

よく、雑誌やテレビの裏技なんかでやっていますが、カップ麺の容器で温泉卵を作るという方法は実に簡単作り方ですよ。

用意するのはカップ麺の容器だけです。形状t期にはカップヌードルが最適のようです。

ふたは有るに越したことはないですが、なければラップか、皿で代用すればOKですよ。

残念ながら、容器一つに対して卵1個です。それと、
卵をカップ麺の容器に入れて、熱湯を静かに注いで蓋をします。
そして、20分ほど待てば出来上がりです。
簡単でしょ。これでおいしい温泉卵の完成です。

季節の外気温度や、卵の温度によっては、途中で追加して1回差し湯をする方が良いかま知れませんから、その辺は臨機応変っていうやつですね。

カップヌードルの容器に卵を入れて、熱湯を線まで注ぎ入れ、お皿等でふたをして、10分ほどで固まり始めます。好みの硬さは、30秒単位で1度試してみるといいかもしれませんね。

冷蔵庫の卵で温泉卵を作るのと、常温の卵で作るのとは、微妙に時間が変わってきますので、時間は考える必要があります。また、1個しか作れないのが難点ですね。

簡単にできますし、容器は温泉卵を使うことによって、少しだけリサイクルかな^^

温泉卵の作り方、簡単な温泉卵の作り方でしたでしょ♪

温泉卵を簡単に

温泉卵の作り方は簡単なんですよ、意外に簡単に作れます。温泉卵って不思議な食べ物ですよね。何かホッと幸せな気分になりませんか?                             

温泉卵を割ると、黄身は柔らかに固まりかけ、白身はまだ半熟、なぜか朝食に出したい食べ物ですね。

生だと少し抵抗がある卵も、温泉卵ですと華麗に変身です。
この温泉たまごの作り方ですが、家庭で作るとなると実はかなり大変です。
 
温泉卵の作り方を簡単に言いますと、
・卵黄と卵白の凝固する温度差を利用して調理される。
・卵白身は70度くらいで固まり始めて、80度で完全に凝固。
・卵黄身は、70度までには完全に凝固。
・家庭で温泉卵を作る場合は温度管理が大切なポイントになる。

温泉卵の作り方を簡単に料理の本で調べて見ますと、70〜75度の湯に殻ごと卵をつけ、20〜25分そのままで温泉卵が出来上がると書いてありますが、放置しておくと温度は下がってきますから、こまめな温度管理をしないと、良く仕上がりません。しかし、20分間もつきっきりというのも大変ですよね。。
 
最近では、便利な温泉卵調理器が市販されていて、結構、美味しい温泉卵が出来上がりますから、こちらもオススメですよ。

しかし、そんな中で「伊東家の食卓」で紹介の裏技は見事でした。
さっそく試して見たら、おいしい温泉卵が簡単に出来ました。

《温泉卵の作り方・伊東家の食卓》
・卵を冷凍庫に入れ、凍らせておく。
・鍋に、次の分量で湯(100度)を沸かす。
       卵 1個 ⇒1 リットル
       卵 2個 ⇒1.2 リットル
       卵 3個 ⇒1.8 リットル
       卵 4個 ⇒2 リットル
・火を止め、湯に卵を入れ、ふたをする。
・ピッタリ20分間放置後、
・すぐ冷水に取り、十分に冷やす。
・温泉卵の出来上がり。

この温泉卵の作り方は簡単で、片手間に温泉卵が作れるところですね。


温泉卵のファンって多いんですよね。裏技さんも、大の温泉卵好きなんでしょうね!
温泉卵の作り方は簡単だって判って良かったです。感謝^^
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。